借金と「破産」

『破産』という言葉を聞くと、胃が締め付けられるような思いに駆られる方がおられるかもしれません。過去に実際に『破産』を経験した方であれば、その時の心境を思い出すかもしれません。なぜ破産してしまうのでしょうか。それは単純に言えば、『借金を返せなくなってしまった』からです。借金を返せなくなってしまう理由としては、借金をしすぎた、ということがあります。これは一般常識としてですが、借りる金額が大きければ大きいほど、分割払いだとしても月々の返済額は大きくなります。というよりも、すぐに返済できる金額であれば分割払いにする必要はありません。大金を借金するからこそ、分割払いにする必要があるのです。

また、現代ではリボ払いという方法もあります。これにも落とし穴があるので、私達は知らないうちに自分たちの借金を膨らませてしまっていることがあるのです。そしてこれは、自分だけは大丈夫、と思っていても、ふとしたことがきっかけとなって、借金の奴隷となってしまうことがあります。それは、悪循環に発展しかねません。

借金を一生行わないというのは現実的ではありません。実際のところ、キャリアから新しいスマートフォンを買う時だって分割払いですし、車を買う時も分割払いのことが多いでしょう。家を建てる際は顕著です。それが必要になることがあるからこそ、『借金すべき時を見極める』ことによって、借金のせいで自分の首を絞めることがないようにできます。